検体検査

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数137
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    女性健康障害組織運動がん援助方法

    代表キーワード

    検体検査

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    検体検査
    検体検査では、患者から採取した、尿、血液、便、喀たん、腹水などのほか、内視鏡や手術でとった組織片などをさまざまな角度から調べる尿や血液の成分や性質を科学的に分析する物理化学検査、組織や細胞などを顕微鏡で観察する形態学的検査、血液中の細菌や抗原などを調べる免疫・血清学的検査などを行う。
    排泄物:尿、便、喀痰
    体液:血漿、血清、脳脊髄液
    穿刺液:腹水、胸水、心膜液、関節液腔
    分泌物:胃液、胆汁、膵液、唾液、汗、結石
    組織検査:細胞
    尿検査
    尿色健康な人の尿の色は、腎臓で作られるウロクロムにより淡い黄褐色をしている。排尿直後の尿は透明であるが、放置すると混濁することがある。植物性食品のをたくさん食べアルカリ性尿に傾くと、排尿直後から塩が析出して混濁することもある。疲労時や運動などで汗を良くかいたときには、少し濃い色の尿が出ることもある。【検査の見方】尿の色調や混濁の有無を調べる。尿は体内を循環する血液が腎臓でろ過・濃縮されている。黄褐色の場合はビリルビン尿、鮮紅肉汁色では血尿、乳白色では膿尿や脂肪球の混在が疑われ、混濁を生じる場合には、腎臓・尿路の病気や感染症などがある。しかし、生..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。