特発性血小板減少性紫斑病(ITP)患者の標準看護計画

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数2,189
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    環境女性家族問題言葉看護治療ITテロ

    代表キーワード

    標準看護計画

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    特発性血小板減少性紫斑病(ITP)患者の標準看護計画
    特発性血小板減少性紫斑病(ITP)とは
     患者の生体内で形成された自己抗体(IgG)が血小板と結合することによって血小板が破壊され、血小板の減少をきたす自己免疫疾患である。したがって、紫斑・鼻出血・歯肉出血等の出血症状が起こる後天性の疾患である。
    アセスメントの視点
     ITPには急性型と慢性型がある。急性型は小児に好発し、約90%は数週間から数か月以内に治癒する。一方、慢性型は20~40歳の女性に多く、しばしば経過が長引き治癒は困難であり、治療に抵抗するものが1/4~1/5に見られる。
    症状
     1.出血傾向
    皮膚や粘膜の出血斑、鼻出血や消化管出血、歯肉や口腔粘膜の出血、血尿、吐血、下血、脳出血等の臓器出血
    女性では過多月経や不正性器出血
    ごく稀には致命的な頭蓋内出血
     2.脾腫
    5%以下の出現率であり稀である。
    検査
    血液検査: 血小板数、血小板寿命、出血時間
    骨髄像: 巨核球数(正常または増加する)
    血小板結合性免疫グロブリン(PAIgG)の増量
    治療
     1.内科的治療
    副腎皮質ステロイド療法
     プレドニゾ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。