急性期肺炎

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数11
閲覧数138
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    社会高齢者発達地域家族呼吸家庭障害生物原因

    代表キーワード

    急性期肺炎

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    発達段階
    壮年期の特徴
    壮年期
    (30~50歳頃)   
     一生の内で最も安定した時期、精神的は安定し家庭的にも社会的にも重要な位置を占める成熟した身体機能を保持すると共に精神的活動を図る時期
    発達課題
    円滑な家庭生活の維持、職業人としての役割を遂行、経済的基盤を確保、地域社会との交流を深める年老いた両親の介助、家族の支えとなる自己の目的に応じた所属集団を選択しその諸集団の中で主体的・合目的な活動を行う。
    身体的特徴
    身体の成長と発達は完了して身体的機能がピークに達した後は、細胞レベルにおける潜在的老化が始まる
    社会的特徴
    職場での中核的存在、家族の支え、責任ある立場、働き盛り夫婦役割・親役割をとりながら家庭を管理する。職業的役割が拡大して責任が増す。地域社会の一員として貢献する。
    親・職業人として地域役割を果たしながら自己啓発に努める、自分らしさを再発見する。成熟した人間関係を持てる、親離れ空の巣症候群、サンドイッチ症候群ストレスが多い。
    解剖生理
    肺の構造
    肺は、心臓をはさんで左右に1個ずつあり、
    心臓がやや左に片寄っているため左肺は右肺より小さくなっている。肺の上端を肺尖、下部を..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。