加齢による変化の特徴

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数120
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    循環 変化 機能的変化 心臓 細胞数の減少
    細胞自体の肥大
    間質の繊維化(アミロイド沈着) 左室拡張機能↓
    運動時の最大心拍数、心拍出量↓
    冠状動脈 硬化  心筋梗塞、狭心症 弁膜 石灰化、肥厚 弁膜症(大動脈狭窄症、僧房便閉鎖不全症) 刺激伝導系 洞結節の細胞数減少
    房室伝導系の繊維化、脂肪湿潤
    ヒス束・左脚枝の変性、繊維化 期外収縮
    洞不全症候群
    房室ブロック 血管 血管壁の肥厚
    弾力性↓
    粥状硬化 高血圧
    閉塞性動脈硬化症、動脈瘤、動脈解離 圧受容器反射機能の感受性↓ 起立性低血圧
    起立時の降圧反応も運動時の昇圧反応も反応が大きく時間が長い 毛細血管膜の透過度の上昇 浮腫
    検査値
     ★心電図
      高齢者の心電図異常 80歳代は、80%
     ★血圧
      正常高値血圧者 130~139/85~79
      血圧  130/85(成人) ⇒ 140/90(高齢者)
     
    呼吸器 変化 機能的変化 肺外 脊柱の後側彎症
    胸郭の短縮・前後径の増大
    肋骨・脊椎の骨粗鬆、
    肋軟骨の石灰化
    筋力↓(呼吸筋、横隔膜、肋間筋、呼吸補助筋)
    胸壁コンプライアンス↓
                        ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。