骨セメントを受ける患者の看護

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数269
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    骨セメント
    概念
    骨セメントとは
     悪性腫瘍の椎体転移や骨粗しょう症の圧迫骨折は極めて強い疼痛のため患者のQOLに多大な悪影響を及ぼす。これまで、これらの難治性疼痛に対しては、放射線治療や麻薬を中心とした薬物療法、あるいは鎮痛剤を併用した長期安静が行われてきたが、いずれも効果を得るまでに時間がかかる欠点があった。骨セメントは、経皮的椎体形成術といわれ局麻下で経皮的に骨セメントを注入する治療法であり、これらの疼痛緩和や安定性増強に対する即効性が利点である。
    適応
     適応は、椎体などの加重のかかる骨における悪性腫瘍の転移、原発性骨腫瘍(骨髄腫・血管腫など)、骨粗しょう症での圧迫骨折が原因で強い疼痛や椎体不安定性からの神経症状を主訴としている患者である。その中から急性期の感染症、出血傾向、重篤な心疾患を有する患者はセメントの毒性や手技上の合併症予防の観点から適応外とされる。また、40歳以下80歳以上の患者や腹臥位になれない患者も原則として適応外である。
    VAS値(Visual Analogue Scale Score)とは
     VAS値とは、疼痛を患者自身が主観的に0(無痛)から10(激痛..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。