過敏症

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数87
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    医療化学がんリスク薬物治療抗体免疫テロ時間

    代表キーワード

    化学過敏症医療

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    がん化学療法による副作用
    過敏症
    <過敏症とは>
    ・過敏症とは、異物を排除し生体を守るためのシステム(免疫)が過剰に、あるいは不適当に反応して現れる症状の総称である。その症状は、急性症状から遅発性症状まであり、また、局所から全身にまで及ぶ。
    ・上記のことから、過敏症とアレルギー反応は同義語として用いられるが、過敏症の一部にはアレルギー反応が関与しないものもある。
     ・抗がん薬による副作用のなかで、過敏症の頻度は低いが、アナフィラキシーショックなどの重篤な反応を引き起こすことがあるので、注意が必要である。
    <メカニズム>
    抗原・抗体反応
    ・過敏症発現のメカニズムの全容は明らかではないが、発現機序の多くは免疫反応である抗原・抗体反応が引き金と考えられる。
    ・異物が体内に侵入し、免疫を刺激して免疫反応を引き起こす物質を抗原という。抗原の情報が免疫担当細胞に伝えられると抗体が産生される。再び抗原が現れると抗体と結びつき、抗原・抗体反応が生じる。
    アレルギー反応
    ・アレルギー反応は反応時間の違いから、即時型反応(抗原が侵入してから症状が発現するまでに数分から数10分の反応)と遅延型反応(症状が1..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。