帯状疱疹患者の標準看護計画

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数1,036
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    帯状疱疹患者の標準看護計画
    帯状疱疹とは
     小児期に水痘に罹患し、治癒後神経節に潜伏感染していた水痘・帯状疱疹ウイルスが、長期間を経た後に再活性化され、神経軸索を伝わって皮膚粘膜に水疱を形成する。すなわち、水痘・帯状疱疹ウイルスの初感染が水痘で再発像が帯状疱疹である。過労、外傷、X線照射後など種々の原因を契機として発症するものと考えられている。高齢者に多く、悪性腫瘍やSLEなど免疫不全状態のものでは重症化することがある。
    アセスメントの視点
     帯状疱疹はほとんどの場合、3週間前後で治癒し、一般的には再発はない。急性期には不眠を訴えるほど強い疼痛が見られることがある。年齢、皮疹の性状と発症部位、神経麻痺の有無、疼痛の程度、合併症などを考え、治療方針が決定される。再発の場合は、悪性疾患等を疑い検査をすすめる必要がある。
    症状
     前駆症状
    片側の一定神経領域に神経痛様疼痛が7~10日間続くことがあるが必ずしもはっきりしない場合もある。
     皮膚症状
    その後、突然同部に一致して紅みを伴った小水疱が集まって現れ、帯状に配列する。水疱は1週間を境に膿疱・痂皮を形成し3~4週で治癒する。とき..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。