Ⅲ-4 筋萎縮性側索硬化症患者の看護

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,259
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    Ⅲ-4 筋萎縮性側索硬化症患者の看護
    患者氏名       (  才) 計画立案日:     計画立案者:   評価予定日:   主治医: 受持看護師: 評価実施日: 看護目標
    1.二次感染、合併症が予防できる
    2.残存機能が維持できる
    精神的、身体的苦痛が緩和される <問題点>
    #1.セルフケア不足
    目標:適切な援助を受けることでADLが維持できる
    #2.非効果的気道浄化
    目標:気道クリアランスが良好となる。
       安楽に呼吸ができる。
    #3.予期悲嘆
    目標:悲嘆を表現する。
    <対策>
    O―1.筋緊張、筋力低下、筋萎縮の程度、進行状況の変化
    2.球麻痺症状(構音障害、嚥下障害、感情失禁)の有無
    3.運動、嚥下、呼吸障害の程度
    4.下肢腱反射の亢進、しびれ、脱力感、四肢疼痛
    5.疾患に対する受け止め方、反応、不安
    6.セルフケア能力の程度、精神的変化と意欲
    7.家族の疾患への受け止め方、反応、不安
    T-1.疾病の受容段階に合わせてセルフケアをすすめる。
    2.栄養管理(誤嚥防止)、呼吸管理(排痰管理)、褥瘡予防
    3.患者の生活背景、個性に合わせて援助する。
    4.病態に合ったコミュニケー..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。