急性腎不全患者の透析時の看護

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数290
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    急性腎不全・透析
    看護計画
    Ⅰ.病態アセスメント
     急性腎不全の多くは可逆牲であり、早期診断、早期治療が良好な予後をもたらす。急性腎不全の診断には下痢、嘔吐、尿閉などの現病歴、脈拍、血圧、脱水の有無などの身体状況の観察が非常に重要である。血液浄化法の進歩により急性腎不全の死亡率は減少しているが、一方において急性腎不全の多くがMOF(多臓器不全)の一分症としてのものであり、通常の血液透析治療には耐えられないような重症患者が増加しており、原因疾患によっては依然として死亡率が高い。MOFにおける急性腎不全の治療は単に腎臓の代行療法を行うだけでなく、不全に陥っているすべての臓器を補助するために各種の臓器サポート治療(人工臓器、血液浄化療法〉を駆使し、不全臓器の回復するのを待つ。透析治療が安全安楽に受けられるには患者、家族の協力が重要であり、おりにふれ患者、家族の疑問に応えていくことで理解が得られる。
    Ⅱ.問題リスト
    #1.ブラッドアクセスの確保と管理
       〔要因〕・ダブルルーメンカテーテルの留置
    #2.透析中の体外循環動態の管理
       〔要因〕・循環血液量の減少
    #3.透析治療中の身体的、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。