11 腰椎穿刺介助の手順

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数143
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    看護時間観察姿勢

    代表キーワード

    腰椎穿刺介助の手順

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    11 腰椎穿刺介助の手順
    確認情報:レベルC
    実施者 :医師、看護師
    場所:病室
    必要物品:腰椎穿刺セット、滅菌手袋、未滅菌シーツ、穴あきコンプレッセン、注射器(5ml、10ml)、針(18G)、スパイラル針(19G又は21G)、局所麻酔剤(キシロカイン)、三方活栓、
    絆創膏、スピッツ立て、イソジンスワブ、サインペン、ハザードボックス、一般検査伝票、培養伝票                                                   手   順 留 意 点      医師      看護師   食事は3~4時間前から絶食とする。
    必要時穿刺部の除毛を行う。
    検査前に排泄..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。