老年看護計画 下肢筋力低下

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数18,702
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    看 護 計 画
    患者氏名       83歳  性別 女性 
    《看護上の問題》
     #2 臥床生活による筋力低下や浮腫に伴う知覚鈍麻があり、歩行時転倒する恐れがある
    看護目標》長期目標 杖歩行にて、転倒することなく独歩できる
         短期目標 介助者に掴まり、杖歩行にて病棟の端まで1往復できる 看  護  計  画 (立案日: ) 月日 修 正 計 画 O-P
    1、バイタルサイン T、P、R、BP、SPO2
    2、身体状況
    呼吸苦の有無 2)疲労感、倦怠感の有無、程度 3)疼痛の有無、程度 4)悪心の有無、程度
    3、両下肢の浮腫の有無や知覚鈍麻の有無、程度、歩行への影響
    4、歩行時の足の運び方、すり足となっていないか
    5、残存機能の程度
    1)筋力 2)麻痺、拘縮の有無 3)関節可動域 4)身体バランス
    6、歩行、リハビリに対しての患者の訴え、反応
    1)不安、苦痛を生じていないか 2)意欲、目標を持っているか 3)リハビリ時の表情 4)リハビリの進行の程度
    7、日中の活動内容。十分な睡眠、休息が取れているか
    N-P
    1、転倒予防の環境整備について
    1)杖の長さは肘関節約30度で、一足長前で..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。