新生児のバイタルサイン・一般状態の観察

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数4,991
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    新生児のバイタルサイン・一般状態の観察
    観察項目 手順 留意点 正常 (事前)
    環境と観察者の準備 ①室温25℃以上に設定する。
    ②物品は消毒して温める。
    ③手洗いを行う。
    ④ペン・名札・時計を外す。 ・輻射による熱の喪失を防ぐ。
    ・手指や物品からの熱の伝導を防ぎ、熱を奪わないようにする。
    ・皮膚を傷つけないようにするため。 安全・正確に測定するために、授乳後1~2h後、泣いていない、安静時に行う。 1、呼吸測定
      心拍測定
      腸蠕動音 ①児の胸に軽く手を置いて1分間呼吸数を数え、リズム、深さを観察する。
    ②胸を軽く開ける。
    ③1分間心拍数を数え、心音、リズム、大きさ、不整脈の有無を観察する。
    ④同時に、呼吸音を聴取して、雑音などが無いか観察する。また、見ながら呼吸様式を観察する。
    ⑤腹部に聴診器を当てて、腸蠕動音を聴取する。 ・呼吸、心拍は環境や体動などに左右され易い。
    ・心拍聴取部位は、左鎖骨中線と第4肋骨の間。
    ・生後2日目までは、卵円孔や動脈管の影響で心雑音が聴取されても正常なことが多い。
    ・異常呼吸様式はシーソー呼吸、陥没呼吸、申吟、鼻翼呼吸。
    ・10秒以内の呼吸停止はま..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。