Ⅰ-4 アスペルギルス患者の看護

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数208
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1-4 アスペルギルス患者の看護 
    患者氏名        (  才) 立案日:     立案者:   評価日予定日:   主治医: 受持看護師: 評価実施日: 看護目標
    1.症状に合った身体的安静を保ち胸部症状の軽減がはかれる。 
    2.精神的不安の軽減がはかれる。
    3.患部の保持が出来大喀血を起こさない <問題点>
    #1.咳、痰が多く血痰がでる。
       胸痛、息苦しさがある
    目標:安静にすることで咳・痰の量が減り血痰が増強しない
    *アスペルギルス症:
     感染に対しての抵抗の弱い部分に定  着・発育しやすいので注意
    <対策>
    O―1.バイタルサイン、咳の回数や強さを観察
    2.血痰の回数、量、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。