分娩期胎盤娩出

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数530
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    測定胎児妊娠時間観察

    代表キーワード

    分娩期胎盤娩出

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    分娩期 胎盤娩出 、計測
    胎盤は羊膜、絨毛膜有毛部(胎児部分)、基底膜脱落膜(母体部分)が一緒になって、妊娠16週ごろに完成する胎児付属物である。
    胎盤の剥離には2種類の様式がある。
    1つは、Schultze(シュルツェ)様式で、胎盤の中央部で剥離が始まり、折り畳み傘が強い風で反転するかのように胎児面から先に出て来る。
    もう1つは、Duncan(ダンカン)様式で、膣に近い辺縁部から剥離が始まって上方に至り、先にちぎれた辺縁部の母体面から出て来る。
    胎盤遺残とは、胎盤や卵膜が完全に娩出されずに、一部が子宮内に残っている状態。
    胎盤計測の目的は①と②
    →①妊娠から分娩までの胎内環境を知ることができ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。