肺癌患者の標準看護計画

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数24
閲覧数615
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    肺癌患者の標準看護計画
    肺癌とは
     気管支から肺胞の間に存在する上皮細胞を母地とする悪性細胞である。所属する上皮細胞は種類が多く、それに対応して病理学的にも、臨床的にも異なったいくつかの癌が発生する。癌の種類により、発生する場所、進展の仕方、症状、検査方法、治療に対する反応などに違いがある。原発性肺癌と転移性肺腫瘍とに区別される。  近年著しい増加傾向にあり、肺癌は癌死亡率の中で最も高い癌死亡率を示す疾患である。  高年齢、特に40歳以上の男性に多発するが、喫煙歴と密接に関連する。
     肺癌は病理組織像と好発する部位に基づいて分類される。わが国では、組織分類や臨床病期分類が用いられている。臨床病期分類は、腫瘍の大きさ、リンパ節転移の程度、胸郭内連続病変の有無、遠隔転移の有無によって分けられている。組織型により、発育進展形式も異なり、治療方針に違いがある。  発生部位は、太い気管支(区域気管支より中枢)から発生するものを肺門型(中枢型)肺癌とよび、これより末梢の細い気管支、細気管支、肺胞から発生するものを肺野型(末梢型)肺癌とよぶ。
     組織分類   扁平上皮癌(類表皮癌)    高分化..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。