強皮症患者の外来看護計画

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数15
閲覧数922
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    強皮症患者の外来看護計画
    Ⅰ.アセスメントの視点
     強皮症は、慢性の経過をたどり日常生活の変更・定期的受診・薬物療法の継続など、長期にわたる管理が必要である。治療により一時の寛解を得ても、疾患をより正しく理解したうえで、患者自らが生活を的確にコントロ-ルしなければ症状の憎悪は避けられない。そこで医療者の指導的かかわりが意味を持つことになる。
    Ⅱ.問題リスト
    #1.レイノ-現象に関連したしびれ感、冷感、違和感、痛み
       [要因]・寒冷刺激
           ・精神的緊張
    #2.末梢血液循環不良による指趾先端の皮膚損傷、易感染
    #3.皮膚硬化・関節症状によるセルフケアの不足
       [要因]・皮膚の萎縮、硬化、腫脹、浮腫、こわばり、しびれ感、疼痛
           ・関節炎および疼痛
           ・手指の関節拘縮、手指末端の骨吸収による骨短縮
    #4.心肺病変による労作時呼吸困難
       [要因]・肺線維症
           ・肺高血圧
           ・運動負荷
    #5.消化器病変による食事摂取困難
       [要因]・逆流性食道炎
           ・便秘
           ・下痢
           ・舌小帯短縮
    #..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。