アトピー性皮膚炎患者の外来標準看護計画

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数1,826
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    アトピー性皮膚炎患者の外来標準看護計画
    看護計画
    Ⅰ.アセスメントの視点
    アトピー性皮膚炎には次のような特徴がある  1.湿疹が慢性に経過し、治りにくい  2.痒みを伴い、掻くことによって悪化する  3.生活環境の中に病気を悪化させる要因がある       従って、患者が疾患・治療をよく理解しセルフコントロールできるように、日常生活に密着した指導的関わりが重要である
    Ⅱ.問題リスト
    #1.掻痒感による苦痛
      [要因]・汗、衣類、精神的ストレス、気候の変化による皮膚の刺激
          ・食品(刺激物)
      
    #2.掻破による二次感染
    [要因]・掻傷からの細菌感染
          ・掻痒感
          ・疾患、治療に対する知識不足
    #3.健康管理の不足
      [要因]・疾患、治療に対する情報の理解不足
          ・ライフスタイル
          ・患者の性格
          ・不適切な支援システム
    #4.ボディイメージの障害
      [要因]・疾患、治療に対する知識不足
          ・皮膚の病変
          ・長期に及ぶ皮膚の症状
          ・過去の経験
          ・患者の性格
    #5.ステロイド治..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。