難聴の利用者さんと接して(記録の例)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数121
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    難聴の利用者さんと接して
    ディケアのプログラムで体操を行なった。内容は顔、腕、指、足をイスに座ったり、また立った状態でゆっくりと動かすという内容であり、動く事で筋肉の維持・向上、脳への刺激によって活気が生じる、といった効果が考えられる。
    体操の際、私は△△さんに関わらせていただいた。△△さんは右耳に補聴器をつけておられた。私は右に補聴器をつけておられる事に気付いたので右側から話しかけた。
    S情報
    耳が遠いんです
    前は大阪に住んでたが息子が山科にいるので引っ越してきた
    O情報
    右耳に補聴器
    他の利用者さんとの会話はあまり見られない
    周りの様子を見ていることが多い
    左から話しかけると反応がないこと..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。