膀胱留置カテーテル

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数249
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    膀胱留置カテーテル
    目的…膀胱内に尿を留置させず、失禁せずに持続的に排尿する経路を確保する。
    適応…一時的な導尿よりも患者のQOLが向上すると考えられるあらゆる場合に実施する。
    前立腺肥大や腫瘍による圧迫で、閉尿など尿路に通過障害がある患者
    下腹部、陰部の手術後で、尿による手術創の汚染を予防したい場合、
    尿失禁による褥瘡誘発や悪化の予防、
    頻尿などによって排尿動作が負荷になり、全身の安静や手術創の安静が阻害される場合、
    体液バランスを厳密に管理する必要があり、時間尿量を正確に把握する目的  など
    膀胱留置カテーテル留置中の管理
    ○尿の性状に異常はない?
    肉眼的な血尿が見られる:尿路損傷、慢性腎..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。