食事

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数178
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    高齢者障害食事認知準備期内容呼吸食物意欲意味

    代表キーワード

    食事

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    食事
    嚥下
    認知期:意識障害の有無、食べ物の認知、食欲の有無、
    視覚、嗅覚、触覚、味覚、聴覚の互換に働きかけることで、唾液や胃酸の分泌が盛んになり、食べるための準備となる。
    準備期:口唇の開閉状態(流涎や食べこぼしの有無)
    下の動き、咀嚼状態、義歯の状態、唾液の分泌状況、飲み込み後の状態(むせ、せき込みの有無)、飲み込みに必要な時間
    嚥下まえは口への取り込み、咀嚼、食塊形成に分類される、舌と歯を巧みに使って唾液とまぜられ、咀嚼される。この咀嚼動作を繰り返すことで、飲み込みやすい食塊になる。
    口腔期: 食塊を鼻腔内に流入させないように口腔から咽頭まで送り込む。準備期と一連の動きで進む。
    咽頭期:嚥下反射により食塊を食道に送り込む嚥下反射時、一時的に呼吸は停止する。のど仏(甲状軟骨)に手を当てていると、飲み込みの寸簡にのど仏が急速に挙上することが確認出来る。
    食道期:食後の逆流の有無、胸やけの有無、つかえ感の有無
    食塊が食道の蠕動運動と重力によって胃内にはこばれるのが食道期である。
    口から食べる事の意味
    口から食べることで、互換に刺激を与え、食べる意欲や楽しみが増える。
    消化器官は使わない..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。