高血圧のリスク

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数121
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    高血圧の影響
    高血圧が長年続いていると動脈硬化をおこし,いろいろな症状があらわれる。
    高血圧の障害を受けやすい臓器には心臓。脳・腎臓および眼などがある。
    また高血糖が長い間続くと血液の中に余分な糖や脂肪、たんぱく質が残り、赤血球どうし、あるいは血小板どうしをくっつかせて、流れにくくなります。
    いっぽう血管自体も年齢とともに弾力を失っていきます。そこを血液が無理やり通っていくので、絶えず圧力が加わり、血管内壁に傷がつき、傷口から悪玉コレステロールが入り込み血管内を狭くしたり、血管そのものを固くしたりして、動脈硬化が起こる。
    心臓への影響 
    高血圧があると末梢血管抵抗が増し,心臓の仕事量が増加する..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。