CABG術後患者のHCU管理の看護

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数17
閲覧数274
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    CABG術後HCU管理
    看護計画(HCUでの管理)
    Ⅰ.病態アセスメント(HCUでの管理)
     MIDCAB、OPCAB、バイパス術の術後の早期は、生命徴候が不安定であり、生命維持監視装置を使用し、HCU 管理となる。術直後手術浸襲、麻酔の影響等に関連し、一定期間呼吸管理が必要である。
    ラインやドレーン等の挿入 により易感染状態となる。よって、十分な観察と不安の除去が重要となる。
    Ⅱ.問題リスト(HCUでの管理)
    ♯1.心拍出量の減少
       [要因]1.心臓ポンプの機能低下
            ・手術操作による心収縮力の低下
            ・術前からの心機能低下
            ・低酸素
            ・不整脈
            ・電解質異常
            ・心タンポナーデ
          2.末梢血管抵抗の増大
            ・循環血液量の不足:出血、細胞間質への水分漏出
            ・循環動態に作用する薬剤の投与
            ・不安、恐怖、疼痛
          3.冠動脈攣縮
    ♯2.肺合併症を起こす危険性
       [要因]1.呼吸パターンの変調
            ・麻酔、鎮静剤による..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。