胃がん

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数292
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    がん障害化学転移指導運動治療免疫食事食物

    代表キーワード

    胃がん

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ☆ポイント☆
    [基本]
    胃の壁は、内側から ①粘膜 ②粘膜下層 ③筋層 ④漿膜 に分けられ、胃がんは最も内側の粘膜上皮から発生し、徐々に漿膜側へと深く浸潤していく。
    がんが ①粘膜や②粘膜下層 までにとどまる場合を「早期胃がん」、 ③筋層より深部に浸潤するものを「進行胃がん」という。
    胃がんは早期のうちに発見して治療するのが理想である。放置すると胃の壁深くへ浸潤するだけでなく、リンパ液の流れにそって、胃の周囲のリンパ節やさらに遠方のリンパ節に転移したり(リンパ行性転移)、血液の流れにそって肝臓や肺などへ転移する(血行性転移)。また、おなかの中にがん細胞が散らばる腹膜播種(はしゅ)が起こることもある。この結果、低栄養、低たんぱく、貧血をおこすなどして、全身状態が悪化する。
    [症状]
    初期のころは、なんの自覚症状もないことがほとんどである。症状が現われても、胃がん特有のものはなく、なんとなく胃のあたりが重い、食欲がない、味覚が変わった、胸焼けやげっぷが多くなった、口臭がきつくなった、嘔気がするなど、ほかの胃腸の病気でみられるものと同じである。また、初期のころは痛みをともなうことはまれで、そ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。