学童期 2

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数11
閲覧数106
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    測定看護観察臨床留意点手順方法

    代表キーワード

    学童期測定

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1)学童前期~思春期の発育評価と標準的な発達課題(身体機能的、精神・心理的、社会的)
     〔発育評価〕
      ①ローレル指数
        学童の発育状態の評価を行う指数は、ローレル指数といわれ、次の計算式から求めることができる。
    ローレル指数=〔体重(g)÷身長(cm)3〕×104
        ローレル指数の大まかな評価は以下のように示されるが、小児の成長により変動がみられるため、評価を行うときには注意しなければならない。
    160以上:肥満
    145付近:標準値
    100未満:やせすぎ   ②肥満度
        学童期以降の児童の評価にも肥満度が用いられる。
    +30%以上:ふとりすぎ
    +20%以上+30%未満:ややふとりすぎ
    +15%以上+20%未満:ふとりぎみ
    +15%未満-15%未満:ふつう
    -15%以下-20%未満:やせ
    -20%以下:やせすぎ   
    〔発達課題〕
    (1)学童期・思春期の発達
      ①身体的変化
        青年期前期において、それまでの児童期の均衡状態を破って、著しい身体の変化、性的機能の成熟をおこす。
        身長と体重の変化を見ていくと、児童期の成長は緩やかであるが、10歳ごろから1..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。