高血圧患者の看護

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数152
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    Ⅶ―3 高血圧患者の看護
    患者氏名       (  才) 計画立案日:     計画立案者:   評価予定日:   主治医: 受持看護師: 評価実施日: 看護目標
     血圧コントロールができる <問題点>
    #1.血圧上昇や変動による随伴症状が出現する恐れがある。
    目標 血圧が正常値内で安定し高血圧による症状が消失する。
    O-P
    1.血圧
      ①安静時血圧と体動による上昇の程度
    ②日内変動
    ③脈圧
    ④左右差
    ⑤体位による変動
    2.自覚症状:めまい、ふらつき、頭痛、頭重感、嘔気、動悸、のぼせ感、倦怠感、不安、イライラ感
    3.検査データーの把握:心胸比、中性脂肪
    4.血圧上昇に伴う脈拍,呼吸,体温の変化
    5.血圧上昇の誘因
    6.夜間の睡眠状況
    T―P
    1.血圧上昇時は安静臥床を促す。
    2.安静時血圧測定で血圧上昇のある場合は、医師に報告する。
    3.自覚症状の出現時には血圧測定を行い医師に報告する。
    4.適宜血圧を測定する。
    5.安静時にはADL介助を行う。
    6.病室の環境整備を行い精神的安静に努める。
    7.のぼせ感のある場合には冷たい等で顔面を冷やす。 8.冬季は室温の急激..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。