肺炎

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数5,485
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    測定看護観察臨床留意点手順方法

    代表キーワード

    測定肺炎

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    事例 Tさん
    ①肺炎の原因・誘因
     肺炎とは肺胞道あるいは肺胞嚢という肺気道系の最終部分における炎症であり、一般には急性期を意味する。Tさんは市中肺炎であり、在宅肺炎、一次性肺炎とも呼ばれ、健常者として生活していた者が肺炎に罹患した場合をいう。(⇔院内肺炎:二次性肺炎、原発性肺炎とも呼ばれ、通常癌や糖尿病で免疫能が低下している入院患者に病院内に存在している多剤耐性お弱毒グラム陰性桿菌などに集団または個人で感染を受ける場合)
    肺炎発症の要因には、
    大気中の病原微生物の吸入(飛沫感染)
    口腔、鼻咽頭内容の吸引   
    血行性散布
    感染巣からの直接侵入                           
    誤嚥(胃内容物を胃食道逆流現象を起こして、胃酸を誤嚥することにより起こる化学的肺炎と知らず知らずの内に口腔内容物と一緒に口腔内常在菌を誤って飲み込む不顕性誤嚥・老人性誤嚥がある)
    閉塞性
    があるが基本的には上気道に付着した微生物の経気道感染である。Tさんの場合は飛沫感染だけではなく93歳ということを考えると誤嚥による肺炎とも考えることができる。 
     起炎菌は、
    肺炎球菌
    マイコプラズマ
    イン..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。