学童期

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数186
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    測定看護観察臨床留意点手順方法

    代表キーワード

    学童期

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    (1)学童前期~思春期の発達評価と標準的な発達課題(身体機能的、精神・心理的、社会的)
    ≪発達評価≫
     ・ローレル指数
       学童の発育状態の評価を行う指数で次の計算式から求めることが出来る。
      ローレル指数=〔体重(g)÷身長(c㎥)〕×10
       ローレル指数の大まかな評価は160以上:肥満、145付近:標準値、100未満:やせすぎ となっている。ローレル指数も小児の成長により変動が見られるため、評価を行うときには、注意しなければならない。
     ※学童期の標準体重は、学校保健統計調査で求められたそれぞれの年齢の体重の平均値などを使用する。
    ・肥満度
    指数による評価は年齢による影響を受けやすいため、厚生労働省は1998年度から乳幼児の健康診断などで使用する身体発育の評価に、肥満度を評価基準として用いている。肥満度は次の式で求めることができる。
       肥満度=({実測体重(kg)-標準体重(kg)}÷標準体重(kg))×100
       標準体重の算出方法はいろいろあるが、一般的には「平成12年度乳幼児身体発育調査」の結果から、身長70~118cmの幼児の身長別標準体重を求めている。肥満度..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。