イレウス患者の看護

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数489
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    Ⅵ-4.イレウス患者の看護
    患者氏名       (  才)    計画立案日:     計画立案者:   評価予定日:   主治医: 受持看護師: 評価実施日:         看護目標
    腹痛・腹部膨満が緩和し、嘔吐が消失する。
    体液バランスが保たれ、随伴症状が消失する。
    術後イレウスが起こらない。 #1腸管閉塞に関連した安楽の変調:腹痛、悪心・嘔吐、腹部膨満
    目標:腹痛・腹部膨満が緩和し、嘔吐が消失す
       る
    #2水分および電解質の喪失に関連した体液量の不足
    目標:体液バランスが保たれ、随伴症状が消失する
           
    #3開腹手術に関連した合併症を起こす恐れ:術後イレウス
    目標:術後..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。