胃癌患者の看護

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数219
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    Ⅵ-2 胃癌患者の看護        
    患者氏名        (  才) 計画立案日:   計画立案者: 評価予定日 主治医: 受持看護師: 評価実施日 看護目標
    1.身体的・精神的苦痛を最小限にとどめる <問題点>
    ♯1.消化管出血による全身状態の悪化(腫瘍からの出血)
    目標:異常の早期発見ができ、適切な処置を受けることができる
    ♯2.腹部症状や栄養の吸収障害により栄養状態が悪化する恐れがある
    (癌による胃蠕動運動の低下と通過障害、心窩部痛、悪心、腹部膨満による食欲不振、ストレスによる食欲不振)
      
    目標:栄養状態の低下をきたさない
       
    <対策>
    O-1.バイタルサイン、意識レベル
      2.胃部症状;疼痛、嘔気、嘔吐、膨満感
      3.吐血、下血の有無
      4.全身状態
      5.検査データー
    T-1.吐血、下血の場合
       1)安静の保持
       2)嘔吐後冷水で含嗽させ、嘔気を誘発させない
       3)適切な処置の介助
       4)腹圧をかけない(体位交換時)
       5)輸液、輸血の管理
       6)不潔になりやすいので、清潔を保ち不快感を与えない
         等(吐血・下血の看護に準..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。