多発性硬化症患者の看護

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数7,094
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    Ⅲ-7 多発性硬化症患者の看護
    患者氏名       (  才) 計画立案日:     計画立案者:   評価予定日:   主治医: 受持看護師: 評価実施日: 看護目標
    1.疾患、症状について理解し、積極的に治療を受けることができる 
    2.障害に応じた援助が受けられ、日常生活を安全に送ることができる
    3.患者、家族が苦痛、不安について表現できる。病気を受容し、闘病意欲がもてる <問題点>
    #1.麻痺、しびれにより日常生活が困難である
     
    目標.障害に応じた援助が受けられ、日
       常生活を安全に送ることができ
       る
    #2.ステロイドホルモン内服、パルス
       療法による副作用が出現する可
       能性がある
    目標.ステロイドホルモン治療の必要性
       が理解でき、副作用出現時は医師
       看護婦に報告することができる
    <対策>
    O―1.上肢のしびれ、麻痺の程度、範囲
      2.知覚異常の程度、範囲
      3.ADLの程度
      4.患者の意欲 
      5.視力障害の有無
      6.移動方法(ベッド周囲、廊下・洗面所・トイレなど危険因
    子の有無)
    T-1.しびれを強く訴えた時には、マッサージ、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。