パーキンソン病患者の看護

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数5,800
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    Ⅲ―1 パーキンソン病患者の看護   
    患者氏名         (  才) 計画立案日:     計画立案者:   評価予定日:   主治医: 受持看護師: 評価実施日: 看護目標
    1.薬効維持のため服薬コンプライアンスを良くしADLを保持できる 
    2.リハビリテーションを行い、ADL機能の維持向上できる
    3.長期臥床による合併症予防のためADLの維持、向上をはかる
    4.疾病と障害が受容でき、変化が認められ自分なりの「生き方」ができる <問題点>
    #1.確実に服薬できないことによる薬の調整不良
    目標:指示量を服薬時間に確実に内服できる
    #2.錐体外路症状の出現により転倒しやすくADLが維持しにくい
    目標:1.転倒しない
       2.リハビリテーションが意欲的に行える
       3.患者のペースに合わせたADLが維持できる
       
       
    <対策>
    O―1.抗パーキンソン薬の内服、副作用(幻覚、妄想、精神症状)の有無
      2.薬効のモニタリング(日常行動の動き、持続時間、On-Off現象、Werning-off現象の有無、程度)
      3.錐体外路症状(筋固縮、無動、振戦、姿勢反射障害)の程度..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。