重症心身障害児の看護

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数9,128
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料に関する説明及び紹介文句を入力してください。
    (検索、露出及び販売にお役立ちます)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    Ⅳ-1重症心身障害児(者)の看護     
    患者氏名       (  才)    計画立案日:     計画立案者:   評価予定日:   主治医: 受持看護師: 評価実施日:         看護目標
    病型を把握し、障害の程度に応じた生命維持が行える
    状態の変化に早期対応し二次的障害を予防できる
    発達レベルに応じた関わりADLの援助を行いQOLの向上を図る
    家族の声に耳を傾け子供に対する受容を促す支援を行う #1.日常生活行動が、CP,MR、EPI等の疾患により維持することが困難である。
    目標 ①.事故なく生活できる(転倒、転落、誤嚥、窒息))
       ②.患者に合った身体の保持ができる(栄養、姿勢、活動、休息)
       ③.発達レベル、ペースに合わせたADLが維持できる
    #2.
    CPにより種々の刺激から痙攣発
    作を誘発し易い
    目標 ①重積発作が予防できる
       ②指示量の薬物が確実に内服できる
    #3胸郭運動制限や呼吸筋の障害、摂食・運動障害など様々な障害がある。
     更に、抵抗力が弱い為合併症を起こしやすい。 
     目標 ①誤燕性肺炎を起こさない 
        ②痰貯留による呼吸困難が予防
    ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。