輸血の手順修正

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数5,511
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    47 輸血の手順
             47―1 輸血の手順
    確認情報:レベルB
    実施者 :看護師
    必要物品:赤血球濃厚液・濃厚血小板・新鮮凍結血漿等の血液製剤
         静脈留置針(18Gか20G)、血管確保用の生理食塩水、酒精綿、駆血帯、輸血セット
    フィルムドレッシング剤(小)、シルキーテックス(5cm幅10cm2枚)、トレイ、輸血セット、
    延長チューブ、点滴架台、血液製剤伝票、未滅菌手袋、採血スピッツ(ピンク)、針捨てボックス                                        手   順 留 意 点
    医師
    看護師
    ・外観上異常を認めた時は使用しない
    ・手袋を装着する
    ・同時間に輸血が重なる時は、取り扱い防止のため準備・実施は一患者ごとに行う
    ・細菌汚染を防ぐため使用するまで排出口は開封しない
    ・血液製剤と生理食塩水以外の混注     を原則避ける
     輸血専用の血管確保を行う
     やむなく側管から行う時は終了後ルートの交換を行う
    ・残りを再度使用しない。
    ・通常の輸血セット20滴=1ml
    ・開始後10~15分間は1ml/分程度の速度で行い、その後異常が..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。