胸腔穿刺介助の手順

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数374
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    32 胸腔穿刺介助の手順
    32-1 胸腔穿刺介助の手順
    確認情報:レベルC         
    実施者 :医師、看護師
    必要物品:胸腔穿刺針、局所麻酔剤(1%キシロカインポリアンプ5ml)、滅菌手袋、包交車、処置用シ-ツ、穴開きコンプレッセン、ディスポ注射器(5ml・50ml<局所麻酔用と排液用>)、カテラン針、注射針(18G・23G)、滅菌スピッツ(2~3本)、ヘパリン、絆創膏、汚染物を入れるビニール袋、ワゴン、必要時注入する薬剤、三方活栓付き延長チューブ、輸液セット、排液容器(蓄尿瓶、シリンダー、採液瓶等)
         針捨てBOX
    伝票:A検体検査依頼書  C細菌検査依頼書  細胞診検査依頼報告書      手  順 留 意 点      医師 看 護 師
    *体動のはげしい患者の場合看護師2人で介助し、体動による危険防止する
    食直後は気分不快になるため避ける
    患者の確認は、本人に名乗ってもらう 会話が困難な患者の場合はフルネームで患者名を呼ぶ、またはベッドネームで確認する
    穿刺前から呼吸困難がある場合は、血圧・SpO2モニターを装着しモニタリングする
    肺呼吸音の聴診をする
    -患者へ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。