気管支ファイバー(TBLB)介助の手順

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数677
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    29 気管内視鏡介助の手順
    29-1 気管支内視鏡(TBLB)介助の手順
    確認情報:レベルC
    実施者 :医師、看護師
    必要物品:カルテ、エンボスカード、レントゲン写真、酸素カニューラ、ボンベ付車椅子、
         パルスオキシメーター、ガ-グルベースン、ティッシュ、タオル、
    咽頭麻酔・ファイバー器具は手術室の看護師が持参
    検査伝票:内視鏡検査依頼書
    場所:内視鏡室                同意書あり 手  順 留 意 点 医 師 看 護 師 《本BALと簡易BALとの違い》
    ・本BALは50mlの生食で3回洗浄し、簡易BALの場合は少量の生食を使用する。このため、使用するキットが違うが、手順は基本的に同じである
    TBLB検査入院の場合は基本的に1泊2日入院
    内視鏡伝票に感染の有無が、記入されているか確認する
    当院では検査は午後から行う。
    TBLB禁忌
    (喀血直後、低肺機能者、
     心疾患、動脈瘤)
    ・患者の表情、言動に注意し、疑問がないか確認する。疑問、不安などあるようなら再度説明し、必要時、医師からも説明をしてもらう
    ・場所はBFの時は内視鏡室.生検する時はテレビ室だが.医師に確認..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。