心臓カテーテル介助の手順

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数847
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    27 心臓カテーテル介助の手順
    確認情報:レベルC
    実施者 :医師、看護師
    検査場所:アンギオ室
    必要物品:輸液ポンプ及びシリンジポンプ、心カテセット、体外式ペースメーカーセット、セッシ、交換箱、消毒液、ラディスポ、とめた君加圧器、ヘモストップ、吸飲み、ガーグルベイスン、シーネ、固定用テープ(エラスチコン大2個)、枕子、鋏、尿器、シーツ、デイスポロールシーツ(感染症患者は布シーツの下に敷く。それ以外はカテーテル挿入部位の下に敷くのでそれに合わせた大きさ)、バスタオル1枚、タオル1枚、ゴミ袋、入院・外来診療記録、BX-P、救急薬品、心カテ用注射薬、プロテクター、延長コード
    DC、アンギオ伝票 手  順 留 意点 医 師
    1.検査内容を患者に説明し、承諾を得る(同意書)術前検査の指示
    2.点滴、注射の処方、検査前中止薬の有無の指示、伝票記入
    4.ポリグラフの心電図を装着
    5.動脈にカテーテルを挿入し、
      血液の逆流を確認
      
    6.ミリスロール冠動脈内注入
    冠動脈造影
    7.カテーテル抜去
    *動脈止血  
    とう骨:ラディスポ
    正中:とめ太君
    そ径:ヘモストップもしくはアンギオシール
    静脈止..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。