吐血. 下血のある患者の看護

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数3,824
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    17 吐血・下血のある患者の看護
    患者氏名        (   才) 入院年月日: 計画立案日: 評価日: 病名: 主治医: PN: 看護目標
    1.適切な処置ができ、ショックをおこさない <問題点>
    #1.大量出血によりショック状態をおこす恐れがある
    目標:1.吐・下血の量・回数が減少する
       2.バイタルサインが安定する
    #2.吐・下血により精神的不安がある
    目標:患者の思いや不安を表出できる。
    #3.吐血により誤嚥の恐れがある
    目標:誤嚥予防の体位が取れる
    #4.吐・下血による貧血の症状がある
    目標:1、貧血のデータが改善する。
       2、貧血症状が消失、または軽減する。 <対策>
    0-1.吐血・下血の量・性状・色・混入物の有無・臭気
      2.バイタルサイン
      3.顔色・四肢冷感の有無・意識レベル
      4.胃部不快・腹痛
      5.悪心・吐気・嘔吐
      6・尿量・排便の色・性状回数
      7.検査データ、血液一般検査(赤血球・白血球・ヘモグロビン・ヘマトクリット・血小板)血液生化学検査(尿素窒素・クレアチニン・血清蛋白・肝機能・電解質・血糖)血液凝固能・血液ガス・心電図・内視鏡検..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。