喀血のある患者の看護

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数736
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    2 喀血のある患者の看護
    患者氏名
           (  才) 計画立案日:     計画立案者:   評価予定日:   主治医: 受持看護師: 評価実施日:
    患部の安静が保持でき、再喀血をおこさない
    <問題点>
    #1喀血により窒息、ショック、無気肺をおこす恐れがある
    目標:
    血液を喀出しやすい体位をとり、気道を確保して窒息を防止する
    #2喀血、呼吸困難による不安が強い
    目標:
     精神的に落ち着き不安が軽減する
    <対策>
    O-1.V.S.チェック;特にBP、呼吸、SpO2、
          意識レベル
      2.随伴症状(呼吸状態、呼吸困難、チアノーゼ、呼吸音、胸痛、胸部不快感、冷感、チアノーゼ)
      3.喀血の性状、時間、量,色、泡沫・混入物の有無
      4.吐血との鑑別
      5.検査データ
    T-1.喀血時の体位;上半身を高くし患側肺を下にした側臥位(わからなければ患者の楽な側臥位)をとって安静臥床とする
      2.口腔内の血液を喀出させる;自分で喀出できない場合は吸引し窒息を予防する
        吸引器を準備しておく
    おいつかない場合はかき出しをする。
      3.救急カートの準備;酸素吸入、挿管、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。