教育実習研究Ⅱ(小)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数736
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『子どもたちの可能性を伸ばす授業をするにはどのようにすればよいか。』
     義務教育の義務とは、子ども(国民)は教育を受ける義務を負うのではなく、教育を受ける権利を有するということである。教員は、この権利を保障する義務を負っている。教育実習生といえども、実習中、教壇に立つとき、クラブ指導に当たるときには、この義務の一端を担うこととなることを肝に銘じなければならない。
     また、実習生が授業を行っても、ベテラン教員が授業を行っても、その両方は子どもにとってはかけがえのない授業である。このことから、ベテラン教員が担う責務と、実習生が担う責務は同じものを負っているといえる。したがって、実習前から事前にしっ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。