イギリス文学史Ⅱ分冊1 日本大学文学専攻(英文学)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数253
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    イギリス文学史Ⅱ 分冊1 日本大学
    ヴィクトリア朝時代の時代背景と代表的な作家について
    まず、時代背景として、イギリスはこの時代、政治、思想、日常生活の各方面において非常に変革した。カトリック解放条例の通過(1833)、選挙法改正法案の通過(1832)、植民地における暴動鎮圧(1833)、最初の鉄道建設(1830)、などが女王即位前の状況としてあった。一方、1880年代以後にはこの時代を特色付けていたヴィクトリア朝時代思潮、ヴィクトリアニズム(Victorianism)に対する不満や反感が烈しさを加え、その思潮は衰退していくことになった。
     女王が即位した1837年に始まった農作物の飢饉は40年代に至って深刻な様相を呈するに至り、ヴィクトリア朝時代はイギリスの国威が最も隆盛を見た時代であるが、内部にはさまざまな矛盾をかかえており、「飢餓の40年代」といわれる暗い危機があった。そして、単に飢饉の問題にとどまらず、労働階級の政治的発言を強化しようとする「チャーティスト運動」(Chartist Movement)となってあらわれた。他のどの国よりも高度に産業革命が発展したイギリスであったが、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。