luckchanさん累積訪問者(730,581名)
資料
フォルダ
タグ
販売資料
プロフィール

資料:286件

  • 二段の推定
  • 論題:書証について説明した上で、いわゆる二段の推定が判例で認められた理由についてまとめ なさい。  回答例  1 書証とは、文書に記載された意味内容を証拠資料とする証拠調べ手続のことをいう。文書と は、文字その他の可読的な符合によって特定人の思想が表示
  • 550 販売中 2008/01/21
  • 閲覧(1,846)
  • 行政学レポート_行政責任
  • 行政学レポート  論題: 行政責任とは何かを説明した上で、その責任追及の仕組みについて述べなさい。  1 行政責任とは、行政府ないしその構成員たる行政官が、国民が求める価値に応ずる契約上の 責任をいう。  2⑴ 古典的な行政責任としては、政治機関から与
  • 550 販売中 2008/01/21
  • 閲覧(2,112)
  • 行政学レポート_行政国家・行政裁量
  • 行政学レポート  論題: ①行政国家について説明せよ。  1 近代自由主義国家においては、国家の役割は防衛や治安維持など、必要最小限に限定されて いた(夜警国家)。  しかし、自由主義が進展し、貧富の差が拡大したため、国家は積極的な福祉政策を講じなけ
  • 550 販売中 2008/01/21
  • 閲覧(1,603)
  • 行政学レポート_行政の不作為責任
  • 行政学レポート  論題:行政の不作為責任について。  1 不作為の責任とは、行政庁が行政上の規制権限を行使しなかったために、国民に損害が生じ た場合において、行政庁が負う責任のことである。具体的には、国家賠償法1条に基づく国家 賠償責任である。  し
  • 550 販売中 2008/01/21
  • 閲覧(3,367)
  • 行政学レポート_官僚制
  • 行政学レポート  論題: 官僚制について説明した上で、現在、官僚制がかかえる問題点について説明せよ。問題点 に対する解決策があれば、その点にも触れること。  1 定義  官僚制とは、一般には、頂点に独任制の長を置き、その下に階統制(ヒエラルヒー)構造を
  • 550 販売中 2008/01/21
  • 閲覧(3,916)
  • 行政学レポート 行政需要について
  • 行政学レポート  問題  行政需要について、その意義を述べた上で、行政需要が過大になる原因について説明しなさい。  回答例  一 意義  1 行政需要とは、市場のメカニズムの需要・供給概念を政治のメカニズムに類推適用したもの のことをいう。  2
  • 550 販売中 2008/01/14
  • 閲覧(2,386)
  • 運転免許本免試験対策シート8
  • 1. 雪道の下り坂はすべりやすいので、エンジンブレーキを使い、フットブレーキは小刻みに軽く踏むとよい。 2. カーブを走行中に自動車に働く遠心力は速度の2乗に比例するので、速度が二倍になれば遠心力は四倍になる。 3. 交通事故が起きたときは事故の続発をふせ
  • 550 販売中 2007/11/14
  • 閲覧(2,099)
  • 民事不法行為における過失の判断基準
  • 過失の判断基準  1 誰の能力を基準とするか  刑事過失では、行為者本人の具体的な注意能力を基準として過失の有無が判断される(具体的過失)。こ れに対して、民法 709 条の「過失」評価においては、平均的な人(合理人)ならば尽くしたであろう注意を 基準
  • 550 販売中 2007/02/14
  • 閲覧(3,476)
  • 時効(司法試験過去問を素材に)
  • 時効(司法試験過去問を素材に)  Aは、Bに対して貸金債権を有していたが、Bが倒産して所在不明となったので、その所在を探しているうちに消滅時 効期間が経過した。その後、Aが保証人Cに対して保証債務の履行を求めたところ、Cが弁済した。Cは、Bの所在が判 明
  • 550 販売中 2007/02/14
  • 閲覧(763)
  • 援用権者の範囲
  • 援用権者の範囲について  1 総説  Ex.Bの主債務は 10 年が経過(消滅時効にかかっている)、Cの保証債務は 7 年が経過した。  保証債務の時効が完成していない場合、Cは主債務の時効を援用することができるか。時効の援用権者は 「当事者」(145
  • 550 販売中 2007/02/14
  • 閲覧(1,338)
  • 仮の救済・執行停止制度について
  • 仮の救済――執行停止制度について  一 総説(民事訴訟との比較)  民事訴訟においては、現状を自己にとって有利に変更したい者がそれを求めて原告となるが、裁判が 長期化すると、被告側が有利になるため、かかる状況を改善することを目的として民事保全の手続が定
  • 550 販売中 2007/02/14
  • 閲覧(1,651)
  • 法律上の人の死亡について
  • 一 法律上人の死亡  (1)死亡  平成9年の「臓器移植法」の成立により、現在日本では脳死と心臓死という2つの死の定義が 存在する。  (2)認定死亡(戸籍法89条)  水難、火災、戦争などで死亡したことは確実だが最後まで遺体を確認できない場合に、取
  • 550 販売中 2007/02/14
  • 閲覧(2,618)

新しくなった
ハッピーキャンパスの特徴
写真のアップロード
一括アップロード
管理ツールで資料管理
資料の情報を統計で確認
資料を更新する
更新前の資料とは?
履歴を確認とは?