luckchanさん累積訪問者(687,788名)
資料
フォルダ
タグ
販売資料
プロフィール

資料:286件

  • 内縁関係
  • 内縁は婚姻に準ずる関係(準婚関係)であり、婚姻に準じた保護を与えるべきとされている。かかる観点から、内縁の配偶者の居住権については解釈によってその保護が図られている。例えば、借家権について、内縁の妻は相続人の借家権を援用して、居住権を主張できる(判例)とする。..
  • 540 販売中 2006/04/09
  • 閲覧(862)
  • 養子縁組
  • 養子縁組とは、具体的な血縁関係とは無関係に人為的に親子関係を発生させることをいう。いわゆる家父長制を基本とする家族制度を採用している場合は、家長の後継者を得るための養子縁組は必須の制度であった(いわゆる「家」のための養子縁組)。例えば、古代ローマではこの制度を..
  • 540 販売中 2006/03/31
  • 閲覧(1,032)
  • 家族法における「子」の分類と法的地位
  • 1.嫡出子 嫡出子とは、婚姻関係にある夫婦から生まれた子である。 2.推定される嫡出子 772の推定が及んでいる場合の嫡出子を推定される嫡出子という。 774は嫡出否認の訴えは夫からのみとしている。これは、第三者が家庭の平和を破壊することを防ぐためであ
  • 540 販売中 2006/03/25
  • 閲覧(822)
  • 離婚制度
  • 1.離婚制度の歴史  離婚制度の歴史的経緯としては、離婚原因を姦通のみとした限定的有責主義、犯罪や虐待等を原因とする一般的有責主義、さらに生死不明や精神病の場合を加えた限定的破綻主義、現在の一般的破綻主義へと離婚原因が拡大している。  日本においては、宗教
  • 540 販売中 2006/03/21
  • 閲覧(1,300)
  • 夫婦の財産をめぐる法的問題点
  • 1.婚姻費用の分担 婚姻費用とは、夫婦が通常の社会生活を維持するために必要な生計費のことをいう。 例えば、衣食住の費用、医療費、子どもの監護費用、教育費等である。 婚姻費用の分担の問題として、まず、夫婦関係が既に破綻しているときにも婚姻費用分担義務がある
  • 540 販売中 2006/03/02
  • 閲覧(432)
  • 認知について
  • 1.総説 認知とは、正式な婚姻関係にない父母から出生した子に対し、父親が、自分の子であることを認める法的な手続をいう。 認知は、認知者の意思により、任意認知と強制認知に分類される(これらについては2以降で見る)。 また、行われた時期により、以下の4つに分
  • 540 販売中 2006/02/28
  • 閲覧(413)
  • 婚姻についての要件論
  • 1.婚姻の実質的要件  実質的要件としては、(1)婚姻意思の合致と(2)婚姻障害事由の不存在がある。  まず、(1)婚姻意思の合致について、婚姻意思が必要であることについては明文がないが、742条1号が間接的に規定している。  婚姻意思の具体的内容として
  • 540 販売中 2006/02/27
  • 閲覧(1,227)
  • 取消訴訟の基本構造
  • 1 取消訴訟の機能 取消訴訟の機能としては、まず、原状回復機能がある。これは、取消訴訟の勝訴判決によって、行政行為がなかった状態に復帰するというものである。 次に、適法性維持機能がある。これは、取消訴訟の審理の結果、当該行政処分が違法であると認定された場合
  • 540 販売中 2006/02/15
  • 閲覧(483)
  • 司法審査の対象
  • 裁判所法3条1項は、「裁判所は、日本国憲法に特別の定のある場合を除いて一切の法律上の争訟を裁判し、その他法律において特に定める権限を有する」と規定している。  「法律上の争訟」とは、具体的事件性を有し、かつ、法律の適用による解決可能性があるものをいうと解され
  • 540 販売中 2006/02/14
  • 閲覧(883)
  • 取消訴訟の種類とその周辺
  • 1 取消訴訟の種類と相互関係 取消訴訟の種類としては、a「処分取消しの訴え」(3条2項)すなわち、原処分の取消しを求めるものと、b「裁決の取消の訴え」(3条3項)すなわち、原処分に関する行政上の不服申立てに対する裁決・決定等の取消しを求めるものがある。これら
  • 540 販売中 2006/02/14
  • 閲覧(577)
  • 情報公開・個人情報保護法についてのまとめ
  • 1 情報公開の理念 個人情報の不適正な取扱いによる個人の権利利益の侵害を未然に防止するため、国の行政機関・独立行政法人等が個人情報の取扱いに当 たって守るべきルールを定めたものである。 行政手続法と比較すると、まず共通する点として、共に行政の公正さ・透明性
  • 540 販売中 2006/02/14
  • 閲覧(1,392)
  • 行政不服申立についてのまとめ
  • 1 行政上の不服申立て制度のメリット・デメリット 行政上の不服申立て制度のメリットとしては?簡易迅速な救済制度が可能であること、a行政処分の妥当性まで判断できる(適法・違法のみならず、当・不当についても判断できる)こと、b行政機関は誤った処分をしないよう気を
  • 540 販売中 2006/02/14
  • 閲覧(1,385)

新しくなった
ハッピーキャンパスの特徴
写真のアップロード
一括アップロード
管理ツールで資料管理
資料の情報を統計で確認
資料を更新する
更新前の資料とは?
履歴を確認とは?