立法事実論と立法裁量論

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数4,305
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    立法裁量論とは、法律の合憲性判断が求められたとき、裁判所が、その法律の制定にあたって行った立法府の政策判断や決定等を尊重し、法律の目的や目的達成のための手段に詮索を加えたり、独自の判断を加えることを差し控えたりする手法をいう。類型として、以下の3つを考えることができる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    立法事実論と立法裁量論
    1 立法裁量論とは
    立法裁量論とは、法律の合憲性判断が求められたとき、裁判所が、その法律の制定にあたっ
    て行った立法府の政策判断や決定等を尊重し、法律の目的や目的達成のための手段に詮索を加
    えたり、独自の判断を加えることを差し控えたりする手法をいう。類型として、以下の3つを
    考えることができる。
    (1) 広い立法裁量
    裁判所は立法府の政策的判断をほぼ全面的に尊重する。したがって、審査基準としては、
    「明白性の原則」(当該規制措置が著しく不合理であることが明白である場合に限って違憲と
    する基準)という緩やかな違憲審査基準が採用される。
    この基準を使った最高裁判例..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。