傷害の故意

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数564
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1 甲がX の顔面を平手で数回殴打した行為は暴行罪( 2 0 8 条) の実行行為にあたる。もっとも、甲の行為によって、X に傷害の結果が生じている。そして、甲はけがをさせるつもりはなかったのであるから、傷害の故意を認めるこはできず、暴行の故意が認められるにとどまる。このように、傷害を負わせるつもりはなく暴行を加えたが、傷害結果を発生させてしまった場合、いかなる犯罪が成立するか。
    2 まず、暴行罪( 2 0 8 条) の成立を認めることはできない。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    傷害の故意
    <問題>
    甲は、ある日の深夜、かねてより気に入らないXを路上で見かけたので、懲らしめてやろ
    うと決意し(けがをさせるつもりはなかった。)、Xの顔面を平手で数回殴打した。その結
    果、Xは、顔面打撲等の傷害を負った。甲の罪責を論ぜよ。
    1 甲がXの顔面を平手で数回殴打した行為は暴行罪(208条)の実行行為にあたる。
    もっとも、甲の行為によって、Xに傷害の結果が生じている。そして、甲はけがをさせ
    るつもりはなかったのであるから、傷害の故意を認めることはできず、暴行の故意が認
    められるにとどまる。
    このように、傷害を負わせるつもりはなく暴行を加えたが、傷害結果を発生させてし
    まった..

    コメント1件

    masatotaka83 購入
    いい。
    2006/11/11 10:39 (10年1ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。