養子縁組

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数949
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    養子縁組とは、具体的な血縁関係とは無関係に人為的に親子関係を発生させることをいう。いわゆる家父長制を基本とする家族制度を採用している場合は、家長の後継者を得るための養子縁組は必須の制度であった(いわゆる「家」のための養子縁組)。例えば、古代ローマではこの制度を採用し、「家」制度がとられた近代日本においても、養子縁組は「家」を維持するために制度という意味合いが強かった。
    その後、ヨーロッパでは、実際の血縁関係が重視されるようになったことに伴って、「家」の維持としての制度から、親のための制度としてその機能が移行した。つまり、(子どもがいないのだが)自分で子どもを養いたいという欲求を満足させたり、老後の扶養を得ることを目的とする機能を有するようになったのである。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    養子縁組
    1.養子縁組の歴史
    養子縁組とは、具体的な血縁関係とは無関係に人為的に親子関係を発生させることをい
    う。いわゆる家父長制を基本とする家族制度を採用している場合は、家長の後継者を得る
    ための養子縁組は必須の制度であった(いわゆる「家」のための養子縁組)。例えば、古代
    ローマではこの制度を採用し、「家」制度がとられた近代日本においても、養子縁組は「家」
    を維持するために制度という意味合いが強かった。
    その後、ヨーロッパでは、実際の血縁関係が重視されるようになったことに伴って、「家」
    の維持としての制度から、親のための制度としてその機能が移行した。つまり、(子どもが
    いないのだが)自..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。