認知について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数389
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1.総説
    認知とは、正式な婚姻関係にない父母から出生した子に対し、父親が、自分の子であることを認める法的な手続をいう。
    認知は、認知者の意思により、任意認知と強制認知に分類される(これらについては2以降で見る)。
    また、行われた時期により、以下の4つに分類することもできる。
    第一に、胎児認知である。これは、 子どもが母親の胎内にいる間に、認知の届出をした場合である。
    第二に、生後認知である。これは、子どもが出生後、認知の届出をした場合である。
    第三に、遺言による認知である。 これは、遺言によって認知する方法である。遺言の効力の発生時(遺言者の死亡時)に、効力が生じる。
    第四に、死亡認知である。これは、父親の死後3年以内に限り、認知請求の訴えを起こすことができるものである。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    認知
    1.総説
    認知とは、正式な婚姻関係にない父母から出生した子に対し、父親が、自分の子である
    ことを認める法的な手続をいう。
    認知は、認知者の意思により、任意認知と強制認知に分類される(これらについては2
    以降で見る)。
    また、行われた時期により、以下の4つに分類することもできる。
    第一に、胎児認知である。これは、 子どもが母親の胎内にいる間に、認知の届出をした
    場合である。
    第二に、生後認知である。これは、子どもが出生後、認知の届出をした場合である。
    第三に、遺言による認知である。 これは、遺言によって認知する方法である。遺言の効
    力の発生時(遺言者の死亡時)に、効力が生じる..

    コメント1件

    naotan 購入
    参考になりました
    2007/02/27 8:02 (9年9ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。