行政手続法についてのまとめ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数688
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    序 行政手続法とは
    行政手続法は、a許認可等の申請に対する処分の手続、b不利益処分の手続、?行政指導の手続、c届出の手続きについて、行政機関と国民・事業者との間の共通的なルールを定めた法律である。以下その特色や手続関係者、権利義務等について概観する。
    1 行政手続法の特色
    第一に、事前手続に限定されていることが挙げられる。事後手続については、聴聞を経た場合の不服申立て制限に関してのみ触れられている(原則として事前手続について規定)。
    第二に、行政立法手続、計画策定手続、行政調査手続、送達等については行手法の規律の対象となっていないことが挙げられる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    行政手続法についてのまとめ
    序 行政手続法とは
    行政手続法は、①許認可等の申請に対する処分の手続、②不利益処分の手続、③行政
    指導の手続、④届出の手続きについて、行政機関と国民・事業者との間の共通的なルー
    ルを定めた法律である。以下その特色や手続関係者、権利義務等について概観する。
    1 行政手続法の特色
    第一に、事前手続に限定されていることが挙げられる。事後手続については、聴聞を
    経た場合の不服申立て制限に関してのみ触れられている(原則として事前手続について
    規定)。
    第二に、行政立法手続、計画策定手続、行政調査手続、送達等については行手法の規
    律の対象となっていないことが挙げられる..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。