刑法;修正された構成要件(未遂・予備)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数854
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    構成要件は、1人に人間が単独で犯罪を実現する場合(単独犯・既遂犯)を原則型としている。例えば、殺人罪(199条)の構成要件は「人を殺した」と定められている。
    しかし、現実における犯罪の形態は多種多様で、こうした単独犯・既遂犯の型だけで到底処理できるものではない。そこで、刑法には先ほど述べたような原則型としての構成要件を「基本的構成要件」として、それに修正を加えた犯罪類型が設けられている。これが「修正された構成要件」である。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    修正された構成要件について
    構成要件は、1 人に人間が単独で犯罪を実現する場合(単独犯・
    既遂犯)を原則型としている。例えば、殺人罪(199 条)の構成要件
    は「人を殺した」と定められている。
    しかし、現実における犯罪の形態は多種多様で、こうした単独
    犯・既遂犯の型だけで到底処理できるものではない。そこで、刑
    法には先ほど述べたような原則型としての構成要件を「基本的構
    成要件」として、それに修正を加えた犯罪類型が設けられている。
    これが「修正された構成要件」である。
    未遂犯について
    例えば、Aがいきなりナイフで襲ってきて Bを殺そうとしたと
    する。Bはかろうじてナイフをかわすことができ、命を失わずに
    すんだ。しかし、この場合、Bを殺そうとした Aを、殺人罪につ
    いて規定した 199 条で処罰することはできない。
    なぜなら、199 条は「殺した」場合に適用されるのであって、
    殺すことができなかった場合には適用されないからである。では
    Aは何の処罰も受けないのか?
    このように、行為者が実行行為に着手しながらも、その行為を
    完成することができなかった、つまり犯罪の目的を遂げること..

    コメント1件

    tennistennis 購入
    すごくわかりやすかったです!!
    2006/12/22 16:40 (10年前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。