運転免許本免試験対策シート13

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,328
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1. 急加速、急ハンドルによって横滑りしたときはブレーキを使わずアクセルペダルをゆるめ、ハンドル操作で車体の向きを立て直す。
    2. 駐車している車を発進させるときは発進の合図を出すとともに、右後方および周囲の安全を確認し、ほかの交通に迷惑を及ぼさないように発進する。
    3. 四輪車で走行中、エンジンの回転数が上がり宇、故障のため下がらなくなったときはギアをNにするとよい。
    4. AT車で強力なエンジンブレーキを必要とするときはチェンジレバーをLに入れる。
    5. 道路に向けて物を投げたり、運転者の目をくらませるような光を道路に向けてはならない。
    6. 四輪車の運転者はドアをロックし、同乗者が不用意にドアを開けたりしないように注意しなければならない。
    7. 横断歩道や自動車横断帯に明らかに人がいないときは徐行しなくてもよい。
    8. 踏切に信号機がある場合は、その信号の表示に従って通過することができる。
    9. 前の車が自動車を追い越ししようとしているときにその車を追い越すことは、二重追い越しになるだけではなく、加速状態であり、危険であるため禁止されている。
    10. 安全にカーブを曲がるためには途中で減速するよりもその手前の直前部分で十分速度を落とすのがよい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    運転免許 本免試験 対策シート 13
    以下は、答えが○のもの
    1. 急加速、急ハンドルによって横滑りしたときはブレーキを使わずアクセ
    ルペダルをゆるめ、ハンドル操作で車体の向きを立て直す
    2. 駐車している車を発進させるときは発進の合図を出すとともに、右後方
    および周囲の安全を確認し、ほかの交通に迷惑を及ぼさないように発進する。
    3. 四輪車で走行中、エンジンの回転数が上がり宇、故障のため下がらなく
    なったときはギアをNにするとよい
    4. AT車で強力なエンジンブレーキを必要とするときはチェンジレバー
    をLに入れる。
    5. 道路に向けて物を投げたり、運転者の目をくらませるような光を..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。