運転免許本免試験対策シート8

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数692
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1. 雪道の下り坂はすべりやすいので、エンジンブレーキを使い、フットブレーキは小刻みに軽く踏むとよい。
    2. カーブを走行中に自動車に働く遠心力は速度の2乗に比例するので、速度が二倍になれば遠心力は四倍になる。
    3. 交通事故が起きたときは事故の続発をふせぐためほかの交通の妨げにならないように路肩や空き地に車を移動させエンジンをとめるのがよい。
    4. 自動車の保有者は車の使用の本拠の位置から2km以内の、道路以外の場所に保管場所を確保しなければならない。
    5. 車を運転中、進路の前方に障害物があるときは、一時停止か徐行して反対方向から進行してくる車を先に通行させる。
    6. 雪道や凍っている道路ではスノータイヤやタイヤチェーンを取り付けるだけではなく、速度を落として十分な車間距離を保つように心がける。
    7. 高速道路を通行するときは、走行中に停止することのないよう、事前に燃料、冷却水、エンジンオイルを点検しなければならない。
    8. パーキング、メーターの設置してある時間制限駐車区間で駐車するときは、ただちにパーキングメーターを作動させなければならない。
    9. 前方の交通が混雑しているときは、前方の信号が青であっても交差点内に入ってはならない。
    10. 二輪車でカーブや曲がり角を走行するときは、クラッチを切ったり、変速ギアをN にしてはならない。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    運転免許 本免試験 対策シート 8
    以下は、答えが○のもの
    1. 雪道の下り坂はすべりやすいので、エンジンブレーキを使い、フットブ
    レーキは小刻みに軽く踏むとよい。
    2. カーブを走行中に自動車に働く遠心力は速度の2乗に比例するので、速
    度が二倍になれば遠心力は四倍になる
    3. 交通事故が起きたときは事故の続発をふせぐためほかの交通の妨げに
    ならないように路肩や空き地に車を移動させエンジンをとめるのがよい
    4. 自動車の保有者は車の使用の本拠の位置から2km以内の、道路以外の
    場所に保管場所を確保しなければならない
    5. 車を運転中、進路の前方に障害物があるときは、一時停止か徐行し..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。